So-net無料ブログ作成

Skyraider Engineの選択 [Ziroli Skyraider]

エンジンをどれにしようか迷いました。
ラジアルの4ストと言うことでEvolution 77cc 7気筒です。
GasコンバージョンKitがイギリスで販売されていますが、ノーマルでもいまいちパワーが有りません。
Gasバージョンにすると更にパワーは10%程低下するし熱の問題も発生しそうです。
インド製で価格は手頃ですが、信頼性に欠けますね。
DSC_1194.jpg

IMG_0315.JPG

次にRoto 85cc インラインツインです。
カウルの直径が230mmでこのエンジンのヘッドまでの長さは133mm、16mmほどオーバー。
ヘッドカバー部分がカウルから出てしまいます。
綺麗なエンジンで試してみたいのですが。。。
_vyrp14_36Roto-85-FSI.jpg

パワーでは問題のないサイトー90ccです。手頃な価格で入手できました。
直径が250mmで入りません、カウル直径を広げる事も考えましたがスケール的にやや難ありで諦めました。
IMG_1612.JPG

写真はKELEOのリングマフラーがついています。
IMG_1615.JPG

色々迷いましたが、当初計画したフジBT-86に落ち着きました。
水平ツインの中で一番直径が狭いエンジンです。
しかしノーマルの14mmプラグでは当然はみ出しますので、NGK ME-8に変換しました。
IMG_1686.JPG

シリコンキャップだけでは抜けが心配なので、ロック用のキャップを被せます。
IMG_1688.JPG

カウルに収まります。
IMG_1692.JPG

マフラーの製作です。
材料は50mm、16mmアルミパイプと5mm、1.5mmのプレートを使用。
アルミのロー付も慣れてくると楽に完成します。
IMG_1719.JPG

ノーマルではキャブが垂直に立っているため、これもカウルからはみ出します。
写真はトニークラークのゼノア62cc用のマニホールドを改造しキャブを水平にしてあります。
IMG_1720.JPG

マフラー出口は実機通りカウルのサイドに持ってきました。
IMG_1722.JPG

実機では直径の細い3本ですが、この再現は面倒なので1本としました。
IMG_1724.JPG










nice!(0)  コメント(2)