So-net無料ブログ作成
検索選択

Actuatorの変更 [Meister Zero]

エアー式はエアバルブでどんなに調整しても微妙な動きにはならず、出し入れの安全性を考慮するとやや乱暴な動きになってしまいます。
そこで、Sierraのメインギアをエアー式からD&L社に送り電動式に変更してもらったのですが。。。
写真はD&LのActuatorです。アルミ削り出しの綺麗なケースに入っていますが。。
IMG_0830.JPG

中身のモーターとギアボックスです。非常に小さい物です。
IMG_0832.JPG

このユニットで何度か開閉テストを行うと、ギアボックスが大きな音を立て始めた瞬間にストップ、ギアが欠けてしまいます。
加重を減らすためにRobartの6インチタイヤ(約350g)をやや軽量なサリバン製に変更してみましたが、結果は同じでした。
そこで、同種のモーター&ギアボックスをServo Cityから数種類取り寄せてみました。
IMG_0834.JPG

Servo Cityのモーターで試しましたが、結果は同じでした。
やはり電動は無理で、オリジナルのエアー式に戻すしかないのかと悩んでいました。
Actuatorと検索しましたが、どれも馬鹿でかい物ばかりでRC用ではありません。
そこでキャノピーの開閉に使用したFirgelliのActuatorは使えないだろうかと考えて
やや強力な150:1の50mmストロークの物を取り寄せテストしてみました。
IMG_0828.JPG

IMG_0829.JPG

モーターの比較です。小さいのはD&L社のユニットです。
ギアボックスも少し大きめです。
IMG_0833.JPG

Firgelliのモーターの下に基盤が見えます。
オリジナルのサーボ方式でテストしましたが、加重が掛かるとストップして非力でした。
ダメ元でユニットを取り、ダイレクトにモーターに結線し過電流になるとストップする方式でようやく成功しました。以前のギアボックスの様なうなりも殆どなく軽々と持ち上げます。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

mimipapa

素晴らしいです。完全にはまりましたね。
私には到底及ばないところの製作ですが、私自身夢を抱いて拝見してます。初飛行には是非同じ場所にいたいと思っています。
by mimipapa (2015-07-04 20:33) 

more10cc

mimipapaさんコメントありがとうございます。
どうせやるなら納得いくまで、やろうかなとの思いだけで、大したことではありませんよ。
by more10cc (2015-07-05 00:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0